M姫エロ妄想記録簿、ご堪能あれ。(告知:6月末閉鎖予定)

xxmicaxx.exblog.jp
2006年 01月 17日
惚れた人。~第二章~
by みぃ | by twin_mica | 2006-01-17 22:50 | おとこのお話。
惚れた人。~第一章~』 の続きです。
第一章を読んでからお楽しみください ^w^



結局、台風の中、あたしがSくんの誘いに着ていった服は・・・・

またしてもビキニ。。。。だってそれしかないんだもん・・・。


いちおう、ジーパンを自分で切って半ケツ出そうなくらい短くしたホットパンツと、
ビキニをチラリズムした白いシャツを羽織って。
靴は、ほんとになかったからビーチサンダルで・・・。

Sくんは、白のダボダボのTシャツと、ジーパンだったけど、
さりげないオシャレでヴィトンのポーチをつけてた。

お互いバイトんときと、ほとんど変わんない・・・・(ぁ


んで、クラブに行ったんですけど、ラップのイベントがあってて、
クラブといえばパラパラしか行ったことがなかったんで、
かっこいい系のオネーサンたちがいっぱいでちょっとコワかったし、
イカツイお兄さんもコワかったし、・・・

Sくんはちょっと静かな場所へあたしを誘って、
ステージから一番離れたカウンターであたしにお酒を飲ませた。

はい、ここで。

あたし酒癖悪いんです!!!!!!!!

男に絡みます。

いつもに増してエロくなります。

相手が誰でもよくなってきます。

・・・だから飲みたくないんです、、、、、

でも、ここでNOと言えない日本人、勧められたら飲みます!!!


んで・・・・おっきい声で話さなきゃ聞こえないクラブの中で、

おっきい声でSくんが、

『 この夏終わったらさあ、 』 って。

『 ん? 』(あたし)

『 この夏終わったらね、 』

『 うん 』(あたし)

『 帰っちゃうの?東京。 』

『 ・・・うん 』(あたし)

『 そっかぁ~ 』

会話終わっちゃいました。Sくんはここが地元だから。


クラブの帰り道、いつもの居酒屋に行きました。
台風だし、夜中の3時くらいだったから、お店は閉まってたんだけど、
お店の大将と仲良かったから、お座敷で寝かせてもらうことになりました。
雨で濡れてるから、タオル借りて、ついでに毛布も借りました。


やっべ・・・・・・・・・・・・・・・

2人で寝るってよwwwwwwwww



いぁwww  いくらなんでも、居酒屋のお座敷wwwww だめでしょwww

とまぁ、あたし一人であんなことやこんなことを妄想せずにはいられなくて、

なぜか1枚しかない毛布に、Sくんと一緒にくるまって、、、、、、、

あたしの頭にはあんなことやこんなことがグルグル妄想ワールドで

すっごい一人で火照ってました!

だってだって、ふつー考えちゃうでしょ??????


で・・・・ふざけていろいろ話してたんだけど、Sくんが、あたしにいきなり、

タオルで目隠し をしてきたんですよ!!!オクサン!

きゃぁぁぁぁぁぁ!萌えw(ぁ

え、これって、これって、これってえええええええ!!!!!!

チューきちゃう?きちゃう??????Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)



き・・・・き・・・・・

きたよ、、、、


チュ・・・・・・


ほんとの 『 チュ 』 ってだけ。 唇に、チュ、ってだけ。




『 タオルそのままね。 』

Sくん、、、、どんな趣味が。。。。。。と、あたしはこのあとの展開にドキドキしまくった。

『 ごめん、俺ね・・・・・ 』

『 ん? 』

なんで謝るの?なに?なに?意味わかんないよ・・・・・?????

Sくんは目隠ししたままのあたしの手をつかんで、その手を彼の心臓に重ねた。

『 ドクンドクンってなってる 』

あたしのふつーな言葉を無視して、SくんはTシャツを脱いだ。


はい、ここで。

ふつー、脱ぐ順番として、男のが先でしょうか?女が先でしょうか?



あたしの素朴な疑問。 
でもあたしなら女が先に脱ぐ・・・じゃなくて、脱がされる、と思う。

Sくんって変わってるなーと思った。

で、Sくんはあたしの目隠しをはずしてくれた。

そこには・・・


綺麗な観音様が 、ちがwww


満開の桜吹雪が 、ちがwwwwwwwwwwwwww


いつもバイトのときに見慣れてる日焼けしたSくんの上半身が。


『 ここ 』、と、Sくんは自分の心臓あたりを指差した。

『 ん? 』

『 気づいてた? 』

『 ん・・・・? なにが? 』

あたしさーーーっぱり・・・・意味がというか、展開がまったく読めませんでした。


(続く)

さ~みんなでこの先の展開を予想してください。
[PR]