M姫エロ妄想記録簿、ご堪能あれ。(告知:6月末閉鎖予定)

xxmicaxx.exblog.jp
2006年 02月 01日
翻訳機能の使い方。
by みぃ | by twin_mica | 2006-02-01 22:54 | マジメなお話。
2月になりましたぁ・・・・2月って短いから嫌い。
短いんだから家賃も安くしてくれないかな~。。。

今日はちょっとした文法のお話。
かなり長いけど、英語を勉強したい人、日本語の構文を見直してみようと思う人、読んでみてください。
けっこう頑張って書いたかも。



レポートやテスト勉強にも、かなり役立つのが『翻訳機能』。
でもなかなか、使いこなせないってよく聞きます。

ジェスチャーで世界へ羽ばたいているうちの親が、必死になって英文手紙を書こうとしてる。
いざ文書を作ろうとしても当然英文が書けない。

高い金出して、翻訳ソフトなるものを買っては試し、買っては試し・・・・
出来上がった英文が、果たして正しいのかどうかもわからず、娘・息子に確認を依頼する。

正しい英文なわけがないじゃんorz

日本語の原文送れ~~~~~!意味わからんぞ~~~!が毎回繰り返される。


このご時世、英文のサイトもふつーに見れちゃうもんで、洋書買わずに世界の情報が入るし。よく和訳を引き受けるんですが、嫌いじゃないんで、どんどん頼まれても苦にはならないんだけど。

実はちょっと文章とニラメッコしたら、翻訳ソフトが、ちゃんとやってくれます。

だけど翻訳のソフトは、なかなかスムーズに訳してくれなくて;;
それはなぜかって、エキサイト先生なんかは、あたしなんかよりずーっと文法にうるさい性格だから。

うちらは目で見て感じていろんな言葉を喋ってるから、声のトーンや大きさや、文字の大きさや前後の会話や文章を、無意識に感じ取ってるから平気。でも翻訳ツールは応用理解力が当然ないから、うちらが正しい文法を入力するしかないんじゃないかな。


というわけで、エキサイト先生の利用方法を書こうかと。といっても長い(ぁ

とりあえず今回は日本語⇒英語を。



  昨日のお笑い番組出てたやん、最近よく出るようになったよね~。
  もう昔っからかなり気に入ってたけど。あいつら、めっちゃ好き!


さっそくですが、下線部を英語に訳してください。↑




できましたか~?


サンプル的な英訳だと、
I like them very much! だったり、
I really love them ! になるわけですが。あたしなら後者を口語で使います。

上記2例の英文をエキサイト先生に和訳してもらうと、
I like them very much.=私はそれらがとても好きです。
I really love them.   =私は本当にそれらが好きです。

どっちがお好み?どっちも間違ってないけど。


『 あいつらめっちゃ好き 』 の部分を英語の授業的な日本語にすると、
『 私は彼らのことが、とても好きだ 』。

じゃぁ、なんで主語が 『 私 』 だと思うのか? 
そりゃぁ~言うまでもなく、下線部の前にある文章で、勝手に主語が 『 I 』 だとわかるわけで。


もし問題文に『お笑い番組』とか『昔からかなり気になってた』とかのキーワードがなかったら。
 『 あいつら、めっちゃ好き 』 の一文しかなかったら・・・違う英文になると思うのね。

英語の授業っぽい日本語にしたら、『 彼らは、とても好きだ 』。(主語が変わりましたー。)

これを英訳するなら、あたしの場合、They really love. だと、何が好きなん?ってかんじだから、最後に 『 it 』 とか付けて一応文章を完成させてみたりする。

『 彼らとても好きだ 』 をエキサイト先生は、『They like it very much.』とし、
『 彼らとても好きだ 』 も前者同様の英訳をしてくれます。


またまた問題です。

『 あなたが好き 』 を英語で何て言う?




きっと、『 I Love You 』 とかに訳してると思います。

ちなみにエキサイト先生は、『 You like it. 』、と訳されました。

どっちかって言うと、あたしはエキサイト先生の訳に賛成です。

*ちなみにエキサイト先生に『 I Love you 』 と言って欲しい場合 『 私はあなたを愛しています 』 と長々入力します。


どうして主語が違う英訳になったのか? ⇒ 問題文で主語指定が曖昧だから。


『 あなたのことが好き 』 ここまで書けば、うちら日本人なら前後の文章なくっても、人もしくは犬だったり物だったり 、『あなた』 という人物  好きなんだな、と想定するはずなので、 『 someone (誰か)』 とか 『 he or she 』 とかを主語にしてもいいんじゃないかなって思うんです。
それでもエキサイト先生は、『 あなたのことが好き。 』 = 『 You like it.  』 とされます。

つまり、主語を明確にしろ、ってわけですね。


 先生が好き。




これを英語にしてみてください。

I like(or love) the teacher. ってすぐ浮かぶと思うんですよ。

ここで、小学校1年生を思い出してみる。

これの主語は?って聞くと、1年生なら、『せんせい』 って答えるんじゃないかな。
でも、それが正解。
だから、やっぱり、I like the Teacher. ではなく、The teacher like it(=something). かな。
エキサイト先生は基本に忠実なので、正しい英訳をしてくれました。


主語と述語と、目的語さえハッキリしてたら、エキサイト先生は頑張ってくれるはず!と信じて・・・・

いきなり新聞を読んでいただきました。

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

エキサイトニュース
 川崎二郎厚生労働相は1日の参院予算委員会で厚生労働省承認の医薬品のうちに、米国産牛を原材料として使っているものが現在19品目あることを明らかにした厚労相はこの19品目について「出来るだけ早く(牛海綿状脳症=BSE=の非発生国である)オーストラリアの原料などに切り替えるよう指導している」と述べた


日本語をよーーーく読んでみて、どこか主語がない場所など探してみる。

まずは、文章が2つある。
ひとつの文章の中で、一番大切な主語()と一番大切な述語()を探す。


これをそのまんまエキサイト先生に見せてみた。



 Health Minister Jiro Kawasaki clarified that there were 19 article one to use the cow from the United States as a raw material among the Ministry of Health, Labour and Welfare approval medicines in the House of Councilors Budget Committee during a day now. The Health Minister described these 19 articles, "It is guided that it switched to the raw material etc. of Australia as soon as possible (It is non-generation country of Bovine Spongiform Encephalopathy = BSE =)".

新聞だけあって、それなりにちゃんとした訳ができた★

日本語をいじる



もう一度日本語を見てみます。簡略化された日本語構文がないか、じっくり見る。

川崎二郎厚生労働相は1日の参院予算委員会で厚生労働省承認の医薬品のうちに、米国産牛を原材料として使っているものが現在19品目あることを明らかにした厚労相はこの19品目について「出来るだけ早く(牛海綿状脳症=BSE=の非発生国である)オーストラリアの原料などに切り替えるよう指導している」と述べた


新聞記事なんで、間違いな日本語ではもちろんないけど、緑文字んとこ気になる。
どう書き換えたらいいかな・・・・?って考えてみる。

1日
 この記事は2006年2月1日のもの。だから『1日』ってなってる。=『本日』のこと。
 エキサイト先生には、こんなことわかるわけがない。
 『 一日中 』って訳されてる。(=during a day)

 さらに、そのあと now と繋がってるけど、このnowは、いったい何者か?と言うと・・・
 『 米国産牛を原材料として使っているものが現在19品目ある 』 ここなんですよ。

 とりあえず、『 1日 』というのを、2月1日のことだから、『本日』 に書き換える。
 あたしは自分が分かりやすいように、時間を指す言葉と、場所を指す言葉は必ずその頭に持ってくる。
 今回は、『本日(時間)の参院予算委員会で(場所)、川崎二郎厚生労働相は~』 と書き換えた。

厚生労働省承認の医薬品
 違和感なく読めてしまうのは、日本人だから。
 わかりやすく書き換えると、『 厚生労働省が承認している医薬品 』 となるので書き換える。 
 
牛海綿状脳症=BSE=の非発生国である
 まさに主語なしの文。
 このカッコ内の説明は、オーストラリアのことを指してるから、カッコ内に 『オーストラリアは』 という主語を追記。
 *もしくは、「である」を削除し、名詞にする。

指導している
 この会話文には主語がない。いったい誰が『指導している』?
 『指導している』 人は 「厚労省=喋ってる本人を含む」わけだから、『私たちは』 と会話文の最初に追記する。


追記とか書き換え後にエキサイト先生へ渡すと・・・・



わかりやすいように、漠然とした指示語などを、カッコ以下で説明するようにしてみた。

 Health Minister Jiro Kawasaki clarified that 【←there were 19 article one 《←to use the cow from the United States {as a raw material} among the medicines 医薬品(←that the Ministry of Health, Labour and Welfare had approved 厚生労働省が承認している) now》 in today's the House of Councilors Budget Committee】. The Health Minister described these 19 articles, "We are guiding to switch to the raw material etc. of Australia (←Australia is non-generation country of Bovine Spongiform Encephalopathy = BSE =) as soon as possible".


しつこいけど、前回の訳は下記のとおり。↓

 Health Minister Jiro Kawasaki clarified that 【←there were 19 article one 《←to use the cow from the United States (←as a raw material 原材料として*『to use』にかかる文節句)(among the Ministry of Health, Labour and Welfare approval medicines厚生労働省は医薬品を承認する*『medicines』にかかる『among』以下文節が成り立ってない!)》 in the House of Councilors Budget Committee during a day 一日中? now.】 The Health Minister described these 19 articles, "It is guided that (←it switched to the raw material etc. of Australia) as soon as possible (It is non-generation country of Bovine Spongiform Encephalopathy = BSE =*BSEの説明文が独立しちゃってる;)".


なにげに違ってるのがお分かりでしょうヵ・・・?


さてここで問題です。



★Question
書き直し後に英訳をした文章の中で、最初の一文にある『one』とは、何を指すでしょう?

★Ans.
受験にありそうな問題だけど、実はこれ、日本語文を読めばすぐわかること。
『厚生労働省承認の医薬品』、を指してる。

******

ただの『訳』から、『翻訳』としての英語へ



英単語や助動詞の面で、気になるところがあるけど、今回は気にしない方向で。
流れ重視の翻訳にしてみます。 別にやらなくても意味は通じるけど、やればきれいかな、って程度。

★ 文章の流れからして、「本日の参院予算委員会で」というのを強めたほうがいいので、
文末に持ってくるよりは、文頭に持ってきたほうがいい。
あたしなら、『 At (inじゃなくてat) the House of Councilors Budget Committee today,』を文頭に出して、『川崎厚生相が~~~』ってつなげるっぽい。別に 『 today's 参院予算委員会 』でも 『 衆院予算委員会 today 』でもいいかんじ。

★ちなみにーーー。『参院予算委員会』みたいな言葉には、特定のものを指すので『the』がついてるけど、『 today's the 参院予算委員会 』 はおかしいです(ノД`)
これは、例えば、『 お父さん = father 』 に特定のtheをつけると、『 the father = my father 』 になっちゃうんです。
さらにですね・・頭文字大文字にして『 Fater 』 ってやっちゃうと、theもmyもなくても、あたしのパパになる。
『 the 物 』 は特定ではあるけど、『 誰か's 』 だけで十分特定の意味があるから、重複して特定の意味を加える必要なし。
ってなわけで、『 today's the 参院予算委員会 』 or 『 the 参院予算委員会 today 』 どっちかをチョイス。

★さっき問題に出したoneは、medicines以下approvedまでと置き換えたほうが親切。
で、oneと置き換えたら、oneをthem(それら)と書き換えたらスッキリする。

★前にも書いた『now』、
現在19品目ある』んだから、こんな文末に置かず、『there were 19 article』 の前にくっつけちゃうと自然。


★ オーストラリア(非BSE発生国)のカッコ内に書き足した主語と述語(=Australia is)は、
また元に戻す。=削除する。

★ 最後の 『出来るだけ早く=as soon as possible)』 は、喋った人がけっこう強調したい一節じゃないかな。
だから、喋った会話の文頭に持ってきて、コンマ『 , 』で区切ったほうがいいっぽい。


これはエキサイト先生が間違ってるんじゃないですよ。
あたしの個人的な意見だったり、あたしの勝手な解釈だったり、今の気分だったりします。
日常会話をしてる人間様の言語能力です。フィーリングってやつです。


あたしなら日本語を徹底的に置き換えてからエキサイト突っ込む。



本日の(文頭に持ってきた)参院予算委員会議(委員会ではなく会議にした)で、川崎二郎厚生労働相は、厚生労働省が承認している医薬品(わかりやすくした)は、米国産牛を原材料として使っているものが19品目現時点で存在している(「現在」を「現時点」とすることでより明確になる。漠然と「ある」ではなく「存在している」ことに着目)ことを、明らかにした。厚労相はこの19品目について「私たちは(主語を明確にした)出来るだけ早くオーストラリア(牛海綿状脳症=BSE=の非発生国)(カッコの説明書きを直後に置き、「~である」を削除して名詞にした)の原料などに切り替えるよう指導している」と述べた。

で、これをエキサイトに突っ込むと・・・・・

At today's the House of Councilors budget committee conference本日の参院予算会議において, Health Minister Jiro Kawasaki clarified that 川崎二郎厚生労働相は次のことを明らかにした→the one {for the medicine (that the Ministry of Health, Labour and Welfare had approved)(厚生労働省による承認済の)医薬品} to use the cow from the United States (as a raw material)(原材料として)米国産牛を使ったものが existed by 19 articles19品目存在する at present現時点において. The Health Minister described厚労相は次のように述べた these 19 articlesこれらの19品目について, "We are guiding我々は次のとおり指導している→ to switch to the raw material etc. of Australia (non-generation country of Bovine Spongiform Encephalopathy = BSE =)オーストラリア(牛海綿状脳症=BSE=の非発生国)産の原材料などに切り替えること as soon as possibleできるだけ早く".

かなりまとまった英訳になりました。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
日本語をしっかり書けば、あとは英単語も文法も、わかんなくても( ・∀・)イイ!ラクチン♪

*******

余談


*******

『サイト全部を訳す』っていう機能もあるけど、サイト、特に個人の私的なblogエントリーなんかは、新聞と違ってラフに書かれてるし、小説なんかは雰囲気持たせるために擬人化したりしてるもんだから、エキサイト先生にそのまま突っ込んでも、ちゃんとした訳にならないのは当たり前。
当たり前ってことに気づいてもらえたらちょっと嬉しいです。

『翻訳ソフト(サイト)はツカエナイ』 ってよく聞くんで。
ツカエナイじゃなくて、使い方次第ではとってもツカエルんです。

当然あたしのこのエントリーを、エキサイト先生は英訳できません。

だけど、あたしのエントリーの全てを、主語と述語と目的語ハッキリさせて、ダラダラ書いてる一文を、いくつかに分けて再構成し、喋り言葉をきちんとした構文にしたら、エキサイト先生はきっと訳してくれます。

これと同じく、

どっかのサイトを日本語にしようと思ったら、


まずはコピペで英文をメモにでも貼り付けて、同じことをすればいいんだし。幸い英文には、主語と述語が必ずある。

じゃぁなんでエキサイト先生は和訳できないの?

それは、あたしが書いてるみたいに一つの文章の中にいっぱい文章が入ってるから。

この主語にはこの述語、この文節の主語はこれ、この文節の述語はこれ、そうやって短い文章にわけていけば、和訳できます。

面倒・・・・・。うん、たしかに面倒。。。。でも、一語一語を辞書で引いて、文法わかんないまま単語つなげるよりは簡単。
どれが主語でどれが述語だかわかんないもん・・・・そういうこともあると思います。でもそれも、ちょっと頑張れば見つけられます。単語力がないからわからないとか、そんなことない。あたし『英語の日常会話に困りません!』とか絶対ありえないです。だって日本語こんなに毎日喋ってるのに、知らない言葉もあるもん。厚生労働省とか、衆院予算委員会とか、そんな英単語、受験生しか知らないもん。

せっかく便利な翻訳機能がすぐ使える時代なんだから、使うコツを覚えて、どんどん使ったらいいんじゃないかなーと思います。


ここまで読んでくれた人、興味を持ってくれて読んでくれた人、ありがとうございました。

&、おつかれさまでした・・・・。

気が向いたら 『英文サイトを和訳させる』 のも書いてみる・・・かも。
[PR]