M姫エロ妄想記録簿、ご堪能あれ。(告知:6月末閉鎖予定)

xxmicaxx.exblog.jp
2006年 04月 16日
お香。
by みぃ | by twin_mica | 2006-04-16 07:55 | そして今。
お香って、宗教とかインドとか、そういうイメージありますよね。
日本でもここ数年、お香ブーム続いてますが、
最近では『ブランド香水』の匂いの『お香』が売られていたりします。



自称宗教評論家なみぃですけど、世界にいろーんな宗教がある中で、
南無阿弥陀仏と唱えて極楽浄土へ行けると信じてみたり(浄土真宗)
座禅を組んで厳しい修行をしてみたり(日蓮宗)・・・。
仏教では仏像を崇めてみたり、キリスト教では神に懺悔したりするじゃないですか。


余談 : ムハンマド -欧州ではマホメット- が啓示を授かってイスラム教が誕生したけど、
      『イスラム(和訳=神に帰依する)教』の『アッラー(和訳=神)』にはカタチがありません。
      神を偶像化して崇拝することは禁じられています。



んでも神様とか仏様って、なかなか簡単に見れるもんじゃないんで、
昔の人たちは、なんとかして神様仏様を見ようとしたんですよねー・・・。


そこで生まれたのが、『お香』。 (←という説がある。


立ち昇る白い煙、芳しい香の匂い、なんとも神様チックじゃないですか~!

ちなみに、原料となっていたのは、『麻薬』・・・・・。


そりゃぁマリファナとか使ってたら、神様どころか、天国も地獄も見えちゃいますよね!!!


もちろん現在市販されてる『お香』にはそんな違法な原料使われてないはずですけど、
商品名には麻薬の名前がけっこう使われています。
まぁ、いろんな麻薬原料を真似た匂いに仕上がっています、ってことなんでしょうけどね。



e0093198_6323928.jpge0093198_6374661.jpg

あたしのお香立て。
こいつがまた、かわいいんですよ~・・・。
お香だけじゃなくて、アロマオイルも大好きです。
お香立てやらアロマポットがやたらと部屋にあります。

お香部門では、ここ数年ずっと好きなのが 『BLACK LOVE』。
海外生活でやみつきになったのが 『MAGNOLIA』。
宗教色の強い 『CANNNABIS』 と 『OPIUM』 は某違法麻薬の模倣香です。


気分によって使い分け、15種類くらい常備してます。(多

MAGNOLIA』、木蓮の匂いなんですけど、すっごく優しい気持ちになれます。
あたしだけかな?



最初にちょっと触れたけど、
『ブランド香水』 を 『お香』 にしたものが店頭に並んでるけど、あれはどうなんだ・・・

香水って、水だろ?! お香にするなよ! と思うんですけど・・・。


そもそも香水はヨーロッパ貴族の女性の嗜みで、(ウンチクx2♪)
お風呂に入る習慣がなかったから、汗クセー、脇クセー、ってことで、
そのクセー匂いをごまかすために生まれたとか。


ジャパニーズお香も、平安時代には宗教だけでなく、
十二単をお召しになった姫君たちが、汗クセーのをごまかすために
美しき香炉で優雅に匂いをお楽しみになっていたようですが・・・・。


所詮はごまかしですから。


絵巻物などでは、とっても優雅にその様子が描かれていますが、
現実問題、夏のクソ暑いときに十二単なんぞ着て、冷房も扇風機もない時代、
まして姫君たちの漆黒の長い髪・・・・

絶対、汗ダラダラ、風呂もあんま入ってないだろうし、
『今日は姫君の髪を洗う日なので~』 とかいう当時の記述もあるくらいなので
髪とか絶対1週間くらい洗ってないんだろうしさ・・・

優雅とはほど遠い情景だったのではないかと・・・


それにもかかわらず、殿方は、姫君の芳しい香りに心奪われ続けて・・・。



あたしがお香やアロマオイルを愛用しているのは、

けしてあたしの臭さをごまかすためではなく!

もちろん神様を見ようと必死なわけでもなく!



純粋に香りを楽しんでるだけなんですよ。

それと視覚もね。
お香立てやらアロマポットってかわいいし。

お香の煙が立ち昇るのは見てて飽きないし。
アロマポットから漏れるロウソクの光は暖かいし。


これから夏が始まりますね・・・・汗くさいのだけは気をつけます!
香水つけすぎとか嫌いなので、お風呂はしっかり入ります!


女の子はいい匂い。


うん、そうだ。 男児諸君、そう信じてください。



注) お香・アロマオイルを楽しむ際は、必ず換気をこまめに行いましょう^^
[PR]